« 都心デビュー? | トップページ | 断言 »

2017年3月18日 (土)

職人

Photo_5Photo_4

宝石を固定する作業(石留)を専門とする宝飾品の職人。

Photo_6
シルクスクリーンプリントでスカーフを作る。染料とスクリーン。30色で構成されたデザインには30枚のフレームが必要。職人がすべてをしあげるには400から600時間がかかる。

スカーフが 高いのが判る。時給にしてみたら、、、、

Photo_7

Photo_8昨日 やすひろが卒業し 今日は はるとの誕生日、4才になる。

クミコと子供二人と ミホ一家とで船橋にあるアンデルセン公園に行くそうです。

はるとにとって いとこのお兄ちゃんたちに遊んでもらえるのが一番のプレゼントでしょうね!

« 都心デビュー? | トップページ | 断言 »

コメント

エルメルのスカーフは、誰でも一枚は持ってる年代!?
でも、楽しむには難しいよね。一枚だけ持ち続けてるけど・・
捨てられない。でも使わない。

>Sさん
そうかもしれないね。
でも 私は 持ってない。
素敵だと思っても 趣味じゃないし 着こなせない。
スカーフだけ自己主張してもね、恥ずかしいdown

スカーフって私にとっては難しいです。
最近若い男性のスカーフの使い方が素敵に見えるんだけど。

>mamakeikoさん
うん!私もマフラーとか ショール?的なのはいいけれど
あの真四角のスカーフは 使いこなせない。
それだけが浮いて見えてもおかしいし、、、、
柄が気に入った安いものは 旅行の荷物の整理に風呂敷と
して使ってた。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 都心デビュー? | トップページ | 断言 »