« 春の嵐 | トップページ | 椿から桜へ »

2018年3月 1日 (木)

温まる一品

Photo_2結構 正味期限は守って食べる方だけれど 少々なら捨てはしない。大豆の水煮缶が ふと見たら2月4日に切れていた。この間 ひじきとか一緒に煮たけれど 後1缶残っていた。

以前 九州出身の友達が 呉汁というのがあると言っていたのを思い出して作ってみた。

久しぶりで ミキサーを使った。こういうフードプロセッサーなどは使った後始末が嫌だ。大豆ならまだいいけれど 肉類が特に嫌!
Photo_3大豆はつぶすとうるわしくはないけれど、、、。
いつもお味噌汁はこれでもかの具を入れて 野菜の一品みたいにする。

これは大豆が入っているから あっさりと少なめの具にした。

呉汁(ごじる)は日本各地に伝わる郷土料理である。大豆を水に浸し、擂り潰したペーストを呉(ご)といい、呉を味噌汁に入れたものが呉汁である。

具材は、人参、大根、牛蒡、玉葱等の根菜類、豆腐、厚揚げ、油揚げ等の大豆加工品、葱、芹、唐辛子等の薬味、芋がら、こんにゃく、椎茸、煮干し、鶏肉等で地域毎に様々である。擂り潰した大豆と野菜類が豊富に入った呉汁は栄養価が高く体が温まり、冬場の郷土料理として日本各地で昔から親しまれている。

« 春の嵐 | トップページ | 椿から桜へ »

コメント

大変な事よくやるね!最近簡単料理ばかり!
料理と言えないものばかり!ちょっと手の込んだ物
作るかな(笑)

>Sさん
大変じゃないよ!
普通のお味噌汁に ミキサーにかけた大豆を流しいれるだけ。
女性ホルモンが無くなってきたら 大豆を食べたらいいというから、、、。
イソフラボン?もう手遅れかも~!ヘヘヘ・・・・note

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の嵐 | トップページ | 椿から桜へ »